お酒は髪に悪いの?

005

おはようございます。

 

お酒やタバコは髪の毛に悪い・・・なんて事はよく聞くと思います。

 

タバコは肺がんの原因になったりといろいろな面で悪い事が多いので何となく想像出来ると思いますが、お酒に対しては・・、

「酒は百薬の長」

なんて言葉がありますし、写真のように御神酒で神様に献上するお酒がある位ですのであまり想像出来ませんよね。

 

お酒には色々な種類があります。

 

例えば、「ワイン」はポリフェノール効果で動脈硬化を予防してくれたりします。

白ワインは食中毒の予防にも有効だそうです。

他にもビールにはビールには美肌効果があるそうです。

 

中でも一番効果が言えるのは適度なアルコールはストレス解消になり、血管の状態を改善して心臓病のリスクを減らしてくれる事があると言われています。

 

そうです、適度なアルコールはストレスを改善して血管を健康な状態にしてくれるので、髪の毛にも良好な状態にしてくれます。

 

では、適度なアルコールの量はどれ位でしょうか?

 

一般に日本酒なら一合、瓶ビールなら一本と言うのが医者の見解です。

 

個人差はあると思いますが、それ以上飲んでしまうと内蔵が疲れて血液の質を下げてしまいます。

 

ストレス解消で飲んで健康になろうとしているのに、逆に内臓に負担がかかり血管が悪くなり血液も悪くなり、様々な病気のリスクを背負う事にもなり兼ねません。

 

そうなると、髪の毛にも脱毛などの悪影響を及ぼすのは言うまでもありません。

 

やはり、お酒も適度に楽しむ事が一番ですね。

 

体の健康が心の健康に繋がり髪の健康に繋がる。

 

お酒を素敵な時間に演出する為に健康に気を使う事が大事という話でした。

 

今日もお読み頂きましてありがとうございます。




ページ先頭へ