アロマ ラベンダー

img_0005

こんにちは!

オーガニックプリーチャーの佐藤圭哉です。

今回は、当サロンで使用していますオーガニックカラー Villa Lodola ヴィラロドラのアロマリトゥアリス「ラベンダー」をご紹介します。

img_0047

ラベンダーは、皆さんがご存知の通りとても有名なアロマオイルです。

 

盛んに品種改良が行われており、ラベンダーの精油は「真正ラベンダー」と呼ばれるangustifolia(officinalis)種から主に採取されています。

 

水はけの良いやせた石灰質の山岳地帯に育っています。

標高1,000メートル前後の高地で育つラベンダーが良質とされております。

困難な環境で成長する植物ほど逆境に立ち向かう強さがあると言われている野生のラベンダーは、株も花も小さいがその代わりに、香りや力強さはとても素晴らしいです。

 

岩山に生息する野生のラベンダーの収穫は今なお人手だけが頼りです。

 

「Lavandula」という学名は、ラテン語の「Lovo(洗う)」「Lividus(青みがかかった鉛色)」と言われています。

 

 

💠草の香りがほのかに漂う、甘く透明感のある香りと言われております。

💠爽やかで果物のような酸味と甘みが感じられるハーバルな香りと言われております。

 

中世ヨーロッパでは王侯の貴族の香水の処方として数多く登場しております。

イギリスでは、リネン性の香り付けとして人気に火がつき、防虫や虫除け眠りを誘う効果が非常に重宝されておりました。

 

 

・体の痛み、落ち着きのなさ、イライラしたりする興奮状態、などの状態の時に使用すると心を鎮めて緊張和らげる効果があります。

 

・ 心や体、感情、精神全てのバランスを取る香りです。

 

・ラベンダーの鎮静作用は古くから有名です。ラベンダーの香りが副交換神経を活性化し、自律神経のバランスを整え、心身症的な症状を緩和します。

 

・ストレスや緊張感で不安になる精神状態が落ち着かくなって眠れなくなったときに、使用すると張り詰めた神経を緩るめて安らかな眠りに導きます。

 

・ラベンダーの香りによるリラックス効果により、肩こりや筋肉痛、腰痛や、月経痛などの筋肉の痙攣にも有効です。

 

・抗菌作用があり、また炎症も鎮めるため、風邪などの呼吸器系とトラブルにも役立つます。

 

・血圧を下げる働きもありますので、血圧が上がりやすい時には、芳香浴として利用すると良いでしょう。

 

・吹き出物や頭皮のケアにも有効です。

 

・火傷の応急手当に使うと痛みが治まり、あまりあとにも残らないと言われています。

 

(参考図書  ・  一部抜粋)

・アロマテラピーの教科書

・あたらしいアロマテラピー辞典

・アロマテラピー検定

 

 

ラベンダーの香りはとても良いです。

その分だけ有名で活用もされています。

当サロンのオーガニックカラーの時にもアロマテラピーとしてラベンダーは大活躍しております。

有り難いです。

 

今回もお読みいただきありがとうございます。




ページ先頭へ