シャンプーの種類

IMG_1644

 

今日からブログをスタートしますので宜しくお願い致します。

 

今日は一般的に言われているシャンプーの種類についてお話します。

シリコンシャンプー、アミノ酸系、などについてです。

 

・シリコンシャンプー

シリコン自体は髪の毛をコーティングするものなので、悪いものではありませんが、化学反応によって人工的に作られた物です。
 地肌の毛穴を詰まらせたり、髪を補修したり髪の中まで浸透して保湿する事はないのでそこを誤解して悪いものと思われる方が多いです。
勿論、使い続けるとパーマのかかり具合、カラーの入り具合にムラが出来易く、補修効果が無い事から髪にダメージが蓄積して痛みやすくなります。

それと、女性のバストに入れるシリコンとは全くの別物です。
シリコンは髪のキューティクルに付着してコーティングして、手触りを良くして艶(ツヤ)を出す効果があります。
なので、汚れを落とす事がシャンプーの目的と考えている方は避けた方が良いかもしれません。

逆にトリートメントに大量に入っている場合が多いのでそちらに使い方に気をつけた方が良い事が多いです。 
シリコンは地肌につけない事と、艶(ツヤ)を出す為にコーティングや皮膜をはる事が目的なので、栄養を入ったり保湿したりする事が無いと理解して使えば良いとお思います。

シャンプー剤の裏の表示成分にジメチコン・シクロメチコン・シリカ・シリル・シロキ・シランなどの表示成分がそうです。

*しかし、ノンシリコンシャンプーと言って、確かにシャンプーにはシリコン剤が入っていないけれど、安い原価のラウリル系の合成界面活性剤(石油系)が多く含まれ、コンディショナーやトリートメントにシリコンが上位表示されているものも数多くあります。 値段が高いだけで普通のシャンプーと変わりませんのでご注意下さい。

 

・アミノ酸系シャンプー

成分的にはアミノ酸系、ベタイン系など両性界面活性剤を使用したシャンプーです。 ココイル加水分解コラーゲンKなど、○○ベタイン、ココアンホ○○、ココイル○○といったものです。

アミノ酸シャンプーは、主成分がアミノ酸系洗浄剤のシャンプーのことです。 一般にお肌と同じ弱酸性と言われること多いので、顔を洗えたりお子様にも使用出来る位低刺激で頭皮にも優しく、髪や頭皮のうるおいを奪いません。 また、パーマやカラーの持ちが良いと言われる事がとても多いです。

しかし、泡立ちが弱く洗浄力が強く無いのが先行して洗えていないと思われる事がとても多いです。
最近では、環境にも体にも優しいと言われている事が多いので安全性は高く安心して使える事が多いです。

 

・石鹸系シャンプー

石鹸シャンプーとは、合成界面活性剤が入っていない石鹸成分だけでできているシャンプーです。 分かり易く言うと、髪本来の力を利用して汚れを落とす事が目的です。
汚れを落とす事が目的ですので、手触り感や艶(ツヤ)感はあまり期待できないです。

 

(参考記事:NEVERまとめ)

他にもあるかもしれませんが、保湿・補修・手触り・艶(ツヤ)などの目的 別で選択することをお薦め致します。
もし良かったら、ご自分がお持ちのシャンプーの裏の表示成分を見てみると良いと思います。

ありがとうございます。




ページ先頭へ