リンス・コンディショナー・トリートメントについて

 

012

 

リンス・コンディショナー・トリートメント・・・って

何が違うのかな?疑問ありますよね。

そこで簡単ですが、説明させて頂きます。

 

 

リンス

主にシャンプー後のきしみを防ぐ為に油分で膜を貼って手触りを良くするのが目的です。

効き目は大体5から6時間と言われていますので、夜リンスをしたら朝は効果が薄くなっている事が多く、朝髪の毛の手触りが変わっている事が多い。

しかし、油分で膜を貼っているので水分の蒸発を抑える事が出来る。

髪の内部には作用しない。

 

コンディショナー

髪の表面のコンディションを整えるのが目的。

リンスに比べて表面を整える効果が高く、くし通りを良くしたり、紫外線や外気や様々なダメージとなるものやダメージ要因である汚れがつかないように守る為に表面に吸着します。

したがって、表面は守ってくれるものの、栄養を与えるのが目的ではない為、時間をかけて放置しても効果が得られないケースが多い。

 

トリートメント

髪の内部までしっかりと入り、タンパク質などの栄養分でダメージの部分に栄養を補給してケアをしたり補修したり、髪の質感をコントロールするのが目的です。

トリートメントは時間をかけながら髪の内部に効果を発揮させていきます。これに対して、ヘアパックは早い時間で効果を発揮させる即効性があります。

 

 

解り易く説明すると・・・

 

髪の毛に対して効果を出す箇所は、

 

リンス・・・・・・・・・表面

コンディショナー・・・・表面

トリートメント・・・・・内部

 

髪の指通りを良くするのが、リンス・コンディショナー

髪の傷みをケアするのが、トリートメント

 

それでは、お風呂での正しい順番は、

 

①シャンプー

②トリートメント

③リンスorコンディショナー

 

よく一般的には②と③が逆になる場合が多いですが、

「内部の補修」をしてから「表面の保護」をした方がより高い効果で

長く継続しますのでお薦めです。

 

(参考記事:NEVERまとめ)

 

どうでしょうか、これでゆっくりケアをして高い効果を発揮させて

綺麗な髪になって頂けたら嬉しい限りです。

 

ありがとうございます。

 




ページ先頭へ