添加物って何?

004

いつもありがとうございます。

 

髪の毛や頭皮の事を考えると添加物はとらない様にしようとか

 

無添加のものを選んで下さいと言われる事があったりしますが、

 

そもそも、「添加物」って何か解らなかったので調べました。

 

がとても難しかったので簡単ではありますが、僕なりにまとめました。

 

「添加物」

 

食品製造の時に添加する物質の事です。

 

英語では food additves というらしいです。

 

主な用途は、

 

・食品製造の加工のために必要な製造剤

 

・食品の風味や外観や色味をよくする為に使用される甘味料や着色料、香料などです。

 

・食品の保存性性をよくする保存料、酸化防止剤などがこれに該当します。

 

・食品の栄養成分を強化する栄養強化剤

 

そして、化学合成によるものとそうでないものに分類されます。

 

*天然の動植物から化学合成ではない加工によってつくられるもの

 

*化学合成によってつくられるもの

・天然に存在する化学合成ビタミン

・天然に存在しない化学合成コールタールから作られるタール色素などがあります。

 

これら化学合成によってつくられるものが

 

一般に悪いというイメージで石油系など言われる事が多く

 

合成着色料など一緒に判断される事が多いです。

 

そして合成着色料は禁止された物が多くあり、

 

それ以外の合成添加物も第2次世界大戦以後に使用されるようになったものが余りにも多く、

 

使われるようになった後の歴史も浅く、安全性や健康面でも疑問視されている。

 

自然界や天然に存在しない化学合成添加物の毒性や、

 

いまだに評価されていない、もしくは問題にされている環境ホルモン作用の事や

 

リスクが解明されていない事も社会の疑問となっている。

 

日本では、こうした背景から1999年に食品添加物の危険性を指摘する、

 

「買ってはいけない」が出版されミリオンセラーになった。

 

それと、添加物を加えない「無添加」という言葉自体も、

 

添加物が全く入っていないという消費者の誤解を招き、

 

加工食品に対する信頼の構築には結びつかないと言われている。

 

シャンプー自体も石油系と言われるのが、

 

上記にもあった、タール系が入ったものを示します。

 

この石油系のシャンプーを使用すると、

 

指通りは良いかもしれませんが、頭皮や身体にあまり良いものと言われないものが

 

残留して健康を害する事が多いと言われています。

 

添加物を調べたのに、

 

サロンで使用しているシャンプーの安全性の安心感が高まり、

 

食事に対しての健康の意識も気をつけようと思わざるえませんでした。

 

もし、参考になれば嬉しいです。

 

ありがとうございます。




ページ先頭へ