白髪って・・・

027

 

白髪染めって一口に言ってもよく解らない事が多いですよね。

 

調べましたので宜しければ参考にして下さい。

 

 

白髪染めはヘアカラーの一種

 

基本的には、白髪染めはヘアカラーの一種です。

 

白髪を染めるヘアカラーを「白髪染め」と呼び、黒髪を染めるヘアカラーと区別しているだけなのです。

白髪染め、ヘアカラーの仕組み

 

白髪染めやヘアカラーは永久染毛剤と呼ばれるもので、

 

一般的に1剤と2剤を混ぜ合わせて髪に塗布します。

 

クリームタイプ、ジェルタイプ、液状タイプがあります。

 

1剤には、主にパレフェニレンジアミンやパラアミノフェノールなどの

 

染料のプレカーサー(染料前駆体)とカップラー(染料連結体)が入っており、

 

それぞれの量や配合の割合によって、染まる色の濃さが決まります。

 

2剤には主に過酸化水素が入っており、

 

1剤と反応して酸化染料をつくると同時に、

 

髪の内部にあるメラニンのブリーチ(脱色)を行います。

 

酸化染料は髪の内部に浸透し、発色する作用があります。

 

白髪染めと黒髪を染めるヘアカラーでは、

 

毛髪の色を濃くするか、薄くするか、発色させる成分の量や配合が異なります。

 

白髪染めは白髪がうまく染まるよう、ヘアカラーは黒髪がうまく染まるように作られています。

 

では、ちらちらと白髪がある方は、どちらを使ったほうがよいのでしょうか。

 

白髪が数本程度であれば、ヘアカラーを使っても構いません。

 

生え際や分け目などにまとまって白髪が生えているようであれば、

 

白髪染めを使った方がより目立ちにくくなります。

 

「白髪染め」というと年齢の高い女性が白髪を黒くするために使う、

 

というイメージがありますが、最近はヘアカラーのように、

 

髪色を明るくする白髪染めもあります。

 

年齢は気にせず、白髪の量や目立ち具合に応じて選ぶとよいと思います。

タイプ別・白髪染め、ヘアカラーの選び方

 

白髪染め、ヘアカラーは大きく分けてクリームタイプ、ジェルタイプ、液状タイプがあります。

 

髪の長い方が全体をカラーリングするときには、

 

ジェルタイプ、液状タイプが便利です。髪全体に広げやすく、

 

なじませやすいので手早く染めることができます。

 

ショートヘアの方が全体をカラーリングする時や、

 

生え際や根元などの部分染めをする時にはクリームタイプが便利です。

 

液ダレせず染めたいところだけ染めることができ、

 

必要な量だけチューブから出せるので、ムダもありません。

 

(出典:染めたら終わりではダメ!正しい女性の白髪染め〔髪の悩み対処法〕)

 

 

怖いのは髪よりも頭皮のダメージ

 

白髪染めで怖いのは、ダメージヘアよりも頭皮トラブル!

 

髪のダメージよりも、怖いのは頭皮のダメージです。

 

人によっては、白髪染めに使われるパレフェニレンジアミンや

 

パラアミノフェノールなどの染料(ジアミン系化合物)が、

 

アレルギー反応を引き起こす原因になることもあります。

 

アレルギー反応の症状として、

 

頭皮や髪の生え際などにかぶれ、かゆみ、赤み、発疹、腫れなどが現れたり、

 

ひどい場合には呼吸困難などのアレルギー発作が出たりすることがあります。

 

他のアレルギー症状と同じように、いつも使っていた白髪染めでも、

 

ある日突然症状が出ることがあります。

 

白髪染めの注意書きにも書かれていますが、

 

使用する48時間前に、毎回パッチテストを行うと安心です。

 

頭皮は健康な髪を生み出す土壌。

 

頭皮トラブルが発生すると、健康な髪が生み出せなくなることもあります。

 

せっかく白髪の悩みが解消したのに、今度は抜け毛・薄毛の悩みが……。

 

そんなことにならないよう、白髪染めと頭皮ケアをセットで考えることが大切です。

 

(出典:染めたら終わりではダメ!正しい女性の白髪染め〔髪の悩み対処法〕)

 

頭皮のケアと髪のダメージケア、そしてカラーを同時に行うバランスが大事という事ですね。

 

ありがとうございます。

 




ページ先頭へ