自宅セルフケアのスペシャルトリートメント

013

 美容室でトリートメントした方が間違いなく、

 

ツヤツヤのさらさらでしっとり潤いヘアになるのは、

 

解っていますが、なかなか行く暇がない。(泣)

 

なんて、人が多いですよね。

 

勿論、うちのお店に来て欲しいのですが・・・(笑)

 

… でも、今日は自分で自宅で出来る、スペシャルなセルフトリートメントのやり方を伝授します。

 

けっこうキッチリ載せますので、やればかなり効きますよ。

 

用意する物

 

・トリートメント(普段自分で使っているもの)

・ラップ

・洗い流さないトリートメント(ノンシリコンタイプが良いです)  無ければ自分が使っているヘアクリーム

・タオル ・ゴムもしくはクリップ(髪をまとめられるもの)

・シャワーキャップ 一週間に1回を目安に考えて頂けると嬉しいです。

 

・お風呂で行います。 蒸して温かい状態が良いのでお風呂が良いです。

 

①シャンプーを2度洗いします。

 

一度洗いだと汚れしか落ちていないので2度洗いする事で髪の状態が栄養を補給しやすい状態になります。

 

②トリートメントをいつもより少しだけ多めに1.5から2倍位出します。

 

洗い流さないトリートメントを1~3滴たらして、よく混ぜます。

 

③地肌につかない様にしながら毛先までしっかり馴染むように揉みこみます。

 

地肌につくと髪がべたべたしてしまう事がありますので、あまりつかないようにお気をつけ下さい。

 

④ラップで頭を全体的にくるみます。(ラップで頭全体を巻くということです。)

 

さらにホットタオルで頭全体をくるみます。

 

シャワーキャップを被ります。 (まとめる時にゴムやクリップを使っても良いです。)

 

⑤説明書や容器の後ろに書いてある裏書の放置時間の長めに置きます。

 

解らなければ7~10分位を目安にして下さい。

 

傷みを気にしている方は10分以上でも大丈夫です。

 

この時、放置時間に湯船につかる事は湯船から出る蒸気で

 

キューティクルを開いてより良くトリートメントが浸透するので良いです。

 

⑥ぬるめのお湯で軽くすすぎます。

 

熱めのお湯だとせっかく髪の中に入れた栄養がキューティクルが開いて外に放出してしまいますので、

 

あまりお薦めしません。

 

⑦タオルで丁寧にしっかり水気をとります。

 

こすり過ぎないようにお気をつけ下さい。

 

⑧乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけ、

 

キューティクルをドライヤーの熱からガードします。

 

⑨ドライヤーでよく乾かします。

 

全体的によく乾かしてから今度は全体的にドライヤーで冷風を当てます。

 

キューティクルが閉じて髪の毛に入った栄養を閉じ込めます。

 

⑩最後にもう一度洗い流さないトリートメントを全体的につけて、

 

キューティクルの補修とツヤだしをしたら終了です。

 

(参考記事:NEVERまとめ)

 

けっこう大変かも?と思うかもしれませんが、

 

これで美容室と同じような質感を自分で出来ますので かなりのお薦めです。

 

休養できる時間や休日になどに余裕があれば是非お試し下さいませ。

 

髪の毛が綺麗になるって気持ち良いですよ。

 

ありがとうございます。




ページ先頭へ