髪についたタバコの臭いをとる方法

 

 

IMG_2477

 

お昼ご飯、飲み会、今後で言うとクリスマス、忘年会など、

これからの時期様々なパーティなどに行く事が多いと思います。

そこで避けたくても避けられない、「タバコの煙」

最近は分煙化が進みだいぶ改善されていますが、

まだまだ、女性にとっては髪や衣服についた「タバコの臭い」は

悩みの種だと思います。

 そこで、タバコの臭い対策について報告致します。

 まず、予防対策として

 

・タバコを吸っている方の近くに行かない。

 

・髪をまとめて、髪に臭いのつく面積を少なくする。

 

・スカーフでくるむ。(室内でもおしゃれに見えるので良いと思います。)

 

・帽子をかぶる。(スカーフと同じ理由で煙から髪を守ってくれます。)

 

・空気清浄機のそばにいる。(OLさんなど、机のうえに空気清浄機など置いて守る方法も良いと思います。)

 

この予防は、事前対策として良いと思います。

 

特にこれからの時期は、あいさつ回りでどうしても臭いがつくことがありますので、この事前対策をした上でお伺いすると良いです。

 それでも、髪にタバコの臭いがついてしまった場合は、

 

間違いなくシャンプーすれば落ちます。

 

が、そんな簡単にシャンプーは出来ませんよね。

 そこで対策としては、

・ドライヤーをかける。

 

・扇子(せんす)や団扇(うちわ)で扇ぐ(あおぐ)。

 2つとも同じ理由です。

 

ドライヤーを髪の毛を振りながら、髪全体的にかけてあげると、髪の一本一本についた臭いの物質が髪の毛からもう一度放出されていきます。

 

それで、ドライヤー、ミニドライヤーでも持ち歩くと良いですが、そんな訳にもいかないですよね。なので、扇子や団扇が良いです。

 

ドライヤーにはかないませんが、扇子や団扇で内側から外に向かって扇いであげる事によってタバコの臭いが放出される事には効果的です。

 

持ち運びに便利な分、ドライヤーよりもお手軽と思います。

 臭いを消すために、違う香料のスプレーを髪にかけたりすると、良い臭いになると思われる事が多いですが、実際には、タバコの臭いにスプレーの臭いがプラスされ重なりあって、不快な臭いになるケースが圧倒的に多いのでお気をつけ下さいね。

 

 これからの時期、せっかくお手入れした美髪がより効果的に発揮してほしいので是非、参考にして下さい。

ありがとうございます。




ページ先頭へ