髪を綺麗にする洗い方

 001

髪を綺麗にしたいと誰でも思いますよね。

 

そして、簡単に出来たらいいよなとも思いますよね。

 

そこで、誰でも出来る綺麗な髪を作る、洗い方をご紹介します。

 

洗い方、つまり、お風呂での洗い方です。

 

簡単にご紹介しますが、

 

綺麗な髪を作る為に所々にちょっとしたコツを載せときます。

 

洗うときは、朝より夜が良いです。

 

ホルモンの関係で夜、寝ている時に成長ホルモンが分泌していきますので

 

髪の毛が綺麗になりやすいです。

 

反対に朝だと、毛穴が開いている状態ですので、

 

市販のシャンプーだと、薬剤の強い刺激を直に浴びてしまいますので、

 

髪だけではなく、頭皮に対しても危険な状態になってしまいます。

 

ですので、髪は夜に洗うのが綺麗な髪の第一歩です。

 

それでは、お風呂場の洗う方法です。

 

最初によく濡らす、そして、よく流します。

 

お湯の温度は体温より少し高めの38度位が良いです。

 

髪の毛は根本から出た皮脂の汚れ、

 

紫外線や空気中の汚れ、スプレーやスタイリング剤を落とす為に

 

よく流して下さい。

 

若干、脂が出ると思いますので白く濁っているのがなくなるまで流すのが、

 

お薦めです。

 

もし、時間があるのならここで、

 

タオルターバンで軽く蒸して置くと次のシャンプーで汚れがスッキリ落ち易くなります。

 

そして、シャンプーします。

 

シャンプーの量はボトルに記載している量を参考にして下さい。

 

この時に泡立ちがあまりよくない場合は、

 

全体的にシャンプーをつけてから

 

また、流して下さい。

 

シャンプーが足りないからと考えて、またシャンプー剤を足していく方がいますが、

 

これは、シャンプー剤のせいではなく、

 

まだ、頭皮の脂が残っているためです。

 

ですので、また、軽く流してからシャンプー剤をつけると

 

泡が立ちます。

 

そして、指の腹で洗って下さい。

 

ここでは、全体的 に汚れを落とすのが目的なので、

 

しっかり洗うというより、

 

全体的に泡立てる感じで洗うのが良いです。

 

そして、また、流して下さい。

 

そして、2回目のシャンプーに入ります。

 

ココのポイントは、シャンプーで栄養を入れていくのが目的ですから、

 

頭皮にマッサージするように洗っていきます。

 

髪が長い人でも、頭皮にマッサージするように洗って下さい。

 

指の腹です。

 

最近は爪が長い人や綺麗な人が多いので、

 

それで頭皮を洗うと気持ち良いかもしれませんが、

 

やはり頭皮に爪を立てるというのは、

 

頭皮に対して負担がかかり、ダメージや傷みが頭皮に蓄積する場合がありますので、

 

指の腹(PCなどでキーボードを打つ部位)でお願いします。

 

そして、

 

頭頂部

耳周り

えりあし

顔周り

 

もう一度

 

頭頂部

耳周り

えりあし

顔周り

 

痒いところはないか、洗い足りないところはないか自己分析して

 

髪が長い方はここで毛先を手で梳かす感じで洗って下さい。

 

大体、5分から15分で洗って頂けると良いです。

 

普通の人は泡が立ったらおしまいで30秒も洗わない方が多いので、

 

髪を綺麗にする為にせめて5分間は頑張って下さい。

 

そして、良く流します。

 

良く流します。

 

ココでのすすぎが一番大事です。

 

毛穴の汚れを落とし、

 

栄養を入れて、

 

余分なモノを落とす。

 

自分がコレでいいや・・・と、思ってからプラス30秒頑張って下さい。

 

ココでのすすぎが後々になって効果を表しますのでしっかりしましょう。

 

そして、トリートメント。

 

これもボトルの記載してある適量を参考につけて下さい。

 

毛先や傷みが気になる所を中心に良く揉み込みます。

 

タオルターバンで少し蒸します。

 

流します。

 

今度はコンディショナーです。

 

トリートメントは髪の内部に栄養。

 

コンディショナーは髪の外部に膜を張るのが目的です。

 

毛先を中心に良く揉み込み。

 

時間を置かずに流します。

 

コンディショナーは時間を置いても、

 

髪の中に入らないので揉み込むだけで充分です。

 

そして、良く流します。

 

ココまでが髪の洗い方です。

 

トリートメントやコンディショナーは髪の内側と外側の両方を

 

守ってくれるもので必要な事は皆さん、ご承知の通りですが、

 

シャンプーにも汚れを落とす事が目的以外に、

 

頭皮の栄養を入れたり、

 

髪の毛の油分や皮脂を取り除き水分バランス保つ為の栄養を入れる

 

という目的があるのでシャンプー剤を泡が立ったらおしまいではなく、

 

栄養を入れるつもりで洗っていくと、

 

また、違った洗い方になり、効果が出ると思います。

 

宜しければこの洗い方を参考にして頂けると嬉しいです。

 

ありがとうございます。

 

 

 




ページ先頭へ